HSP・HSCでお悩みの方へ

「些細なことが気になり授業に集中できない」
「学校の人の多さに毎日疲れて不登校になった」
「人の言葉に敏感になり気疲れでいつもグッタリ」
「診断でHSP(HSC)の条件に全て当てはまった」

私たち家庭教師のえーるには、このようなHSP(HSC)でお悩みの方からのご相談が多く寄せられます。ここでは、そんなHSP(HSC)の症状について、さらにはそのお悩みに対処するための勉強法をお話しますので最後までご覧ください。

目次

HSP(HSC)って何?

ここ数年でHSP(HSC)という言葉を耳にするようになりましたが、細かいことはよくわからないという方も多いと思います。

そこで、ここではHSPとHSCについて書いてみました。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)

「人間関係で過剰に疲れてしまいグッタリする」
「うるさい場所や人が多い場所が苦手で1人になりたい」

HSPはハイリー・センシティブ・パーソンの略で、感受性が強く繊細で敏感な人のことをそう呼びます。HSPは病気ではなく、生まれつきの気質や性質のことで5人に1人がHSPといわれています。

HSPの人は、周りの影響を受けやすく疲れやすかったり、生きづらさを感じる傾向があるといわれています。酷い場合だと、うつ病にまで発展することもあるようです。

HSⅭ(ハイリー・センシティブ・チャイルド)

「クラスに大声を出す男子がいるからしんどい」
「怒られている生徒を見るだけで気持ちが落ちる」
「学校の人の多さに疲れてしまい不登校になった」

実際私たちえーるには、HSⅭの方からこのようなご相談が多く寄せられます。

HSCというのは、HSPの症状がみられる子どものことをそのように呼びます。つまり、2つの違いは「大人なのか」「子どもなのか」によって呼び名が違うだけなんです。

従って、HSⅭの子どもは、感受性が強く、繊細な感性の持ち主。大きな音が苦手で、人が多くにぎやかな場所が苦手。匂いに敏感、人の気持ちに人一倍敏感で、気を使いすぎて疲れやすいなど…HSPと同じなんですね。

HSPとHSCの違いを敢えてあげるとすれば、HSPである大人の場合は経験値も多く、自分の意思を人に伝えることができます。ですが、HSCである子どもの場合、自分の気持ちを人に伝えることが苦手なんです。

感受性が強く、繊細な感性の持ち主。大きな音が苦手で、人が多くにぎやかな場所が苦手

そのため、HSC特有の悩みを誰にも打ち明けることができず1人で抱え込んでしまうことが起きやすいようです。周りの大人がそのことを理解してあげ、子どものちょっとしたSOSに気づいてあげることが必要だと思います。

4つに分類されるHSP(HSC)

HSP(HSC)研究の第一人者である心理学者のエレイン・アーロン博士によるとHSP(HSC)の人は大きく分けると次の4つに分類されるようです。

  1. 深く考えがち(人の気持ちなど)
  2. 過剰に刺激を受けやすい(音・痛み・暑さ・寒さ)
  3. 共感力が強く感情に敏感(想像力が豊かで直観力が高い)
  4. 小さな刺激を察知する(匂い・服の違和感など)

HSP(HSC)度チェック

次の項目に多く当てはまるという人はHSP(HSC)の傾向があるかもしれません。いくつ当てはまるかチェックしてみましょう!

  • □服のタグやチクチクする生地が気になる
  • □人が多い場所に行くとすぐに疲れる
  • □ちょっとしたことでもびっくりする
  • □敏感で痛みに弱い
  • □大きな音や強い光がすごく苦手
  • □細かいことや変化にすぐ気づく
  • □人の些細な言動を深読みする
  • □1人になりたくなることが多い

HSⅭの子は勉強が苦手になりやすい?

刺激を受けやすく感受性の強いHSⅭの子にとって、生徒が沢山集まる学校はストレスの溜まる場です。接する人数が多いほどその分神経も使い気疲れしてしまうからです。

他の子からすると何でもないようなことも、HSCの子にとっては気になって授業に集中できなくなる。その影響から成績ダウンしてしまったという子もいるようです。

HSCで悩んでいる子供

HSCが原因で不登校にもなることも

「学校に行くと疲れて神的にきつくなってきた」
「授業に集中できなくて勉強がわからなくなった」

特に集団生活を苦痛と感じやすいHSCの子は、このようなことが毎日続き、だんだん学校に行くことが辛くなることがあるようです。集団だと気を遣うため1人になりたがるHSCの子は、周りの子から「人づきあいが悪い」というレッテルを貼られてしまうこともあるようです。

えーるには、こういった理由から遅刻や休みが増えて不登校になった方からのご相談が寄せられることがあります。

また、HSCの症状が自閉症の症状とよく似ていることから、「発達障害と間違えられやすい」というような話を聞くこともあります。

発達障害と不登校のお子さんの相談が激増中」も沢山の方が読まれています。

HSCのお子さんにぴったりなえーるの指導法

うちの子授業に集中できなくて成績が良くないけど何とかなりませんか?

このようなお悩みの方もいらっしゃいますが、そんな方にこそ私たちえーるがお役に立てるはずです!

家庭教師をする上で、お子さんと先生との相性はとっても大事だと私たちは考えています。えーるでは、お子さんに相性ピッタリの家庭教師をご紹介し、その子の性格やペースを把握しながら、目の前の勉強に集中しやすい環境をつくります。

えーるは、HSCの症状でお困りの方も安心して勉強に取り組めるようにして学力アップへ導く家庭教師です。

家庭教師がいない時の勉強

でも家庭教師って週1回が多いって聞くけどそれだけで間に合うの?

このようなことが気になり、最初の一歩が踏み出せないという方もいらっしゃると思います。

そんな方にお伝えしたいことがあります。

成績UPするのに一番大事なことは学校の授業を理解することです。お子さんは学校で一週間で約20時間の授業を受けていると思います。そんな20時間習ったことを、たった1回や2回の塾や家庭教師で補うのが厳しいというのは私たちも思っています。

実際私たちえーるは

「塾に通ってるけど成績が上がらない」
「家庭教師の先生来てるけど伸びてない」

このように、すでに塾や家庭教師をされている方から成果がでていないというお悩み相談を沢山いただきます。ですが、そんな成果が出せていないお子さんたちにはある共通していることがあるんです。

それは『家庭学習ができていないです。 

どんなに有名な塾に通っても、どんなに優秀な家庭教師が教えたとしても、家庭学習ができていないと成果はでないということなんです。

HSCのお子さんが成績UPする予習・復習法

家庭学習が大事なのはわかるけどどんな勉強すればいいの?

という方も多いと思いますがお任せください!

私たちえーるでは、学校の授業を理解するために最も有効な予習・復習のやり方から教えて、正しい家庭学習ができるように指導します。。

家庭教師が来ない日でも、お子さん一人で予習・復習できるように、学習計画を一緒に立てるので、どんな子でも毎日続けることができるんです。

この予習・復習が身についていくとこれまで理解しづらかった学校の授業も「わかる!」「楽しい!」に変わります!!特に勉強が苦手な子や、集中力がない子ほど効果抜群のやり方なので沢山のご家庭から喜んでもらっています!

無料体験授業で、えーるの勉強法をお試しできます!

無料体験でこんなに学べる!

  • 1日15分!勉強嫌いな子でも毎日つづく予習復習法
  • テストの点数がバッチリとれるテスト勉強のやり方
  • 弱点や基礎へもどれるのカンタン戻り法

無料の体験授業は、なんとじっくり120分!受けられた方からは、嬉しい喜びの声を沢山いただいています。

この勉強法ならうちの子にもできそう!

一番もったいないと思うのは、やればできるのに勉強しない」「自分には無理とあきらめている」お子さん。そんなお子さんこそ、私たちは応援したいと思っています。

えーる坪井

ちょっとした“きっかけ”が大きな成長につながります!

えーるの体験授業でピッタリの”勉強のやり方”をお伝えしています。「成績アップのきっかけ作り」を、ぜひ私たちにお手伝いさせてください!

\ 1分でわかる! /

24時間OK!専門スタッフにお気軽ご相談ください

※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。

お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ、私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。

えーる坪井

それでは、体験授業でお会いできることをスタッフ一同、楽しみにしています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次