HSPでお困りの方へ


この中で当てはまる項目が多い方はもしかしたらHSP(HSC)かもしれません。


  • 服のタグやチクチクする部分が気になる
  • 人が多い場所にいると疲れてしまう
  • すぐびっくりする
  • 痛みに敏感で弱い
  • 騒音や強い光に弱い
  • 人の気持ちに敏感すぎる
  • 怒られている人を見ると自分も落ち込んでしまう
  • 細かいことや変化に気づきやすい
  • 些細な言動を深読みしすぎる
  • 一人になる時間が必要


HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは…感受性が強く繊細で敏感な人のことをいいます。5人に一人がHSPで、生まれつきの気質であり、病気ではありません。

周りから影響を受けやすく、疲れやすい、生きずらいという特徴があります。


子どもの場合HSC(ハイリー・センシティブ・チャイルド)と呼びます…「非常に敏感な子」。音や匂いなどに敏感で、人が多くてにぎやかな場所、集団行動が苦手という特徴があります。

HSP(HSC)研究の第一人者の心理学者エレイン・アーロン博士によると次の4分類に分けられるそうです。


  • 深く考える(人の気持ちなど)
  • 過剰に刺激を受けやすい(音、痛み、暑さ、寒さなど)
  • 感情の反応が強く、共感力が高い(想像力があり直観力が高い)
  • ささいな刺激を察知する(匂い、人の服装の変化など)


私たち家庭教師のえーるには


「人が多い教室が苦手で、学校を休みがちになり勉強が遅れてきました」


「些細なことが気になってしまい授業に集中できてないみたい」


「人の気持ちに敏感過ぎて、帰ると疲れてすぐ寝てしまいます」
HSPの為、教室で困っている子供の画像



このようなHSP(HSC)でお困りの方からの相談が多く寄せられています。 


HSP(HSC)は、人の気持ちに敏感すぎるため、気を使いすぎて疲れやすかったり、一人になる時間を求めることから、人付き合いが苦手な人だと誤解されやすいようです。


また、発達障害と少し似ている部分があるため混同されてしまったり、学校など集団生活が苦手ということから、不登校の原因になることもあります。


その結果、勉強の遅れが出てしまい、思うような成績がとれなかったり、志望校を諦めないといけなくなってしまうケースもあるようです。


▶「不登校と発達障害、勉強が心配」

も沢山の方に読まれています。



そこで!


家庭教師のえーるでは、HSP(HSC)のお子さんが勉強に集中できるような環境づくりをしていき、真の実力がちゃんと発揮できるように指導します。


家庭教師はマンツーマン指導なので、その子の学力やペース、性格やクセ、苦手教科、苦手科目など細かいところも把握して、お子さんに合った指導をすることが可能です。

家庭教師で、安心して勉強している子供のイラスト



もちろん、家庭教師がいない日に「一人でする勉強のやり方」もしっかり教えて、家庭学習の習慣もつけていきます。



実際昨年からえーるの指導法を実践してくれている生徒からは


「勉強のやり方を教えてもらってから、成績上がってきた」

「授業に集中できるようになって、テストの点数が良くなった」


こんな嬉しい声がたくさん届いています。



もしここまで読んでみて、


「目標の高校に合格したい」

「勉強がちゃんと理解できるようになりたい」


このように思われている方に大切なお知らせがあります!!


         ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓


家庭教師のえーるでは

今、

「HSCの子が集中できる効率の良い勉強法」を教える無料の体験授業をおこなっています!


体験授業を受けられた方からは


「勉強苦手なうちの子にピッタリの勉強法で安心しました。」

このような嬉しい喜びの声を沢山いただいています。


※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。


お申し込みはカンタン
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師を紹介できる理由
指導料
無料体験授業実施中
お問い合わせはこちら
家庭教師のえーる 資料請求はこちら