小学6年生の勉強法

もうすぐ中学生!
小6で苦手いっぱいの子も
3月に大変身⁉
中学でぐんぐん成績UPする
勉強法教えます!! 

「もうすぐ中学生になるというのにうちの子苦手だらけ」
「小6なのに簡単な計算もできないから中学から心配」
「やっぱり今から何か習わせたほうがいいのかな…」

えーるには、この時期になると、この春中学生になるお子さんをお持ちのお母さんからこのようなご相談が寄せられます。

小学校と中学との違いは

勉強が難しくなる
授業の進みが速くなる
英語を本格的に習う
教科数が増える

中学に上がり、こういった大きな違いにうまく対応できなくて、授業についていけなくなってしまう子が毎年います。

もしお子さんを見て

  • 集中力がなくて宿題に時間がかかる
  • ゲームやYouTubeに夢中で勉強しない
  • 小学校の時点ですでに沢山苦手がある

これらのうち、もし、一つでも当てはまる項目があるという方は最後までお読みください。

勉強でつまづく小学生

中学で「成績が良い子」と「成績が悪くなってしまう子」の違い

中学生になっても、小学校の時のように、テストで高得点を連発する子っていますよね。逆に、中学生になりテストを受けるたびに点数が下がっていく子もいます。ですがこの両者の違いって何でしょう?

それは!

『予習復習』をしているかどうかなんです!

小学校の授業(45分間)では、新しい学習(今回)だけでなく、前回の授業のおさらい(復習)、次の授業の準備(予習)も、先生がしてくれることが多いです。つまり、小学校の授業では、先生が同じことを何回も反復してくれるので、理解したり定着がしやすいのです。

毎日学校で反復学習をしてくれるおかげで、漢字ドリルや、計算ドリルといった宿題程度で十分なんです。

しかし、中学校になると、教科書は分厚く文字も小さくなり、学習量は大幅に増量します。そのため、先生は、授業中に繰り返し反復している時間はなく、一回しか説明しないなんてことも珍しくありません。授業で次々と新しいページに進めていくので、授業スピードは小学校と比べるとかなり速くなるということです。

そんな速く進んでいく中学の授業ですが、予習復習をしないまま学校に行くと、授業についていけなくなったり、テストの点数が下がりやすくなってしまいます。

逆に、毎日家で予習・復習をしていく子は、どんなに速く授業が進もうと、ちゃんとついていくことができ、テスト前も慌てなくてすみます。

予習復習のやり方をつかむなら小学生の今が大チャンス‼

毎日部活でクタクタ。ご飯食べたら勉強しないで寝てしまう

中学生になると中1ギャップという言葉があるほど、生活環境はガラリと変化します。

先ほども勉強が難しくなったり学習量が増えると言いましたがそれだけではありません。委員活動や部活動、先輩後輩や友達づきあいなど、小学時代よりも多忙になります。そんな毎日忙しくしている子に、「予習復習もしよう!」と言っても、なかなかスムーズにできないかもしれません。

だからこそ!まだ勉強が簡単で、学習量が少ない今のうちに、勉強のやり方をつかませておくことで中学生になってから授業についていけるようになります。

でも、予習復習のやり方なんて親では教えられないかも…

えーる坪井

そんな方はえーるにお任せください!

えーるでは、1日15分でできる予習・復習のやり方から教えます。1日たった15分の勉強なので、どんな子でも毎日続けることが可能ですよ。特に勉強が苦手なお子さんや、集中力がないお子さん、または、習い事や部活動で毎日忙しいというお子さんにピッタリの勉強法です。

小学生の今のうちに、予習・復習の習慣をつけておくことで、中学生になっても勉強で困らず、友達と沢山遊んだり、部活動に思いっきり打ち込めるでしょう!

楽しく勉強している子

小学校の勉強ですでに苦手がいっぱいあるという方へ

予習復習が大事なのはわかったけど、うちの子小学校の勉強で苦手がいっぱいあるので、まずはそっちが先かな?

ここまで予習復習の重要性をお伝えしてきましたが、それ以前に小学校の勉強でお困りという方も多いようです。

中学の勉強を例に見てみましょう

数学では、足し算、引き算、かけ算、割り算だけでなく、分数、小数、割合、図形といった、小学校で習う学習は中学校で数学になっても必要になります。国語では、小学校で習う漢字は中学校でも使いますし、国語以外の教科も、文章での出題が多くなるため、最低でも小学校レベルの国語力、読解力はつけておかないといけません。

社会のテストなどは、中学の場合解答は漢字で書かないと正解にしてもらえないので、やはり、小学校で習う漢字はマスターしておかないといけないのです。

このように、小学6年間で習う学習は、小学校のうちにできるようにしておかないと、中学の授業についていけなくなったり、成績が下がりやすくなります。

実際、中学生のお子さんをお持ちのお母さんからは

うちの子小4あたりから、やり直してもらわないと無理かも

えーるには、このような依頼をされることも多いんです。でも、中学生になってからだと、

いまさら小学校の勉強なんかしたくない!

と、小学校への戻り学習を嫌がる子って結構多いんです。

そこで!私達えーるでは、「小学校の勉強は小学生のうちに」をモットに、これまでの苦手に戻って基礎を固めていきます

中学生になってお子さんが勉強で苦しまないでいいように、小学校で習う勉強は、小学校のうちにできるようにしておきましょう。

もし、お子さんに

「小学校の間に、苦手を無くしておきたい」
「今のうちに予習復習のやり方をつかませておきたい」

このように思われている方は一度えーるの勉強法をお試しください!実際、昨年2023年のこの時期から、えーるの勉強法を実践してくれた沢山のお子さんが大きく成績UPしてくれました。

そんな、えーるの勉強法に興味があるという方は是非この機会にお試しください! 

でも、正直うちの子に合うか、やってみないとわからない

そんな方にえーるから大切なお知らせがあります。

家庭教師のえーるでは、3月24日(日)までの期間限定短期間で志望校に逆転合格できる勉強法をお試しできる無料体験キャンペーンをおこなっています!

この3月にぐぐぐーんと伸びてほしい!という願いを込めてえーるからささやかなプレゼントです!3月2日(日)までに無料体験を受けられた方限定!※お電話の際に「この春大きく成績UPキャンペーン!を見た」とお伝えください。
家庭教師のえーるでは今、「この3月のぐーんと成績アップしてほしい!」という願いを込めて、
無料体験を受けられた方にクオカードをプレゼントしています。ぜひお気軽にお電話ください!

無料体験授業で、えーるの勉強法をお試しできます!

無料体験でこんなに学べる!

  • 1日15分!勉強嫌いな子でも毎日つづく予習復習法
  • テストの点数がバッチリとれるテスト勉強のやり方
  • 弱点や基礎へもどれるのカンタン戻り法

無料の体験授業は、なんとじっくり120分!受けられた方からは、嬉しい喜びの声を沢山いただいています。

この勉強法ならうちの子にもできそう!♪

一番もったいないと思うのは、「やればできるのに勉強しない」「自分には無理とあきらめている」お子さん。そんなお子さんこそ、私たちは応援したいと思っています。

えーる坪井

ちょっとした“きっかけ”が大きな成長につながります!

えーるの体験授業でピッタリの”勉強のやり方”をお伝えしています。「成績アップのきっかけ作り」を、ぜひ私たちにお手伝いさせてください!

関西で10,850人が体験!勉強大っ嫌いな子から「わかる!続く!」と大好評の勉強法!無料の体験授業で教えます!

\ 1分でわかる! /

24時間OK!専門スタッフにお気軽にご相談ください!

※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。

お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ、私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。

えーる坪井

それでは、体験授業でお会いできることをスタッフ一同、楽しみにしています!