小学生の勉強法

「ゲームばかりして勉強しなくて困ってる」
「分数・小数などの計算問題ができない」
「読解力が弱く長文の問題が苦手です」

「親が教えるのを嫌がるようになってきた」

私たち家庭教師のえーるは23年間10000人のお悩み解決してきましたが、ここ数年で小学生のお子さんのお勉強に関するお悩み相談が増えています。

まだ小学生だし大丈夫だと思ってたら全然理解できてなくてビックリした!

このように慌ててご相談されるお母さんも多くなりました。

脱ゆとり教育になってから10年ほど経ち、(土曜日は休みのまま)それまで削減されていた単元が戻り学習量が増えたことで授業が速く進む。

さらには、コロナ禍による生活環境の変化などで学校の授業についていけなくなってしまったという小学生は増加傾向です。

それ以外にも小学生が勉強が苦手になってしまう原因があります。ここからはその原因について、さらにはその対策についてお話しますので最後までお付き合いください。

小学校で勉強が苦手になってしまう原因

母「宿題終わったの?!
子「後でするからー
母「いつまでゲームしてるの!!
子「あとちょっとだけー

毎日ゲームばかりしていたりYouTubeばかりみていて全然勉強しないお子さんをみて

どうしてうちの子勉強しないんだろう…

このように思われているお母さんも多いようです。私たちは、これまで勉強が嫌いなお子さんと沢山出会ってきましたがそんなお子さんが勉強をしない理由で最も多いのが

「勉強がわからないから」です。

勉強がわからないやる気が出ない勉強をしないますますわからなくなる

学年が上がるにつれて学習内容は難しくなり、勉強がわからなくなってくると負のスパイラルに入ってしまいます。お子さんが勉強を嫌がるようになってきたら、ひょっとしたら勉強がわからなくなってきたサインなのかもしれません。

よくいただく勉強のお悩み
~低学年・中学年・高学年別~

勉強ができなくて頭をかかえる小学生

小1・小2(低学年)のお勉強

「時計が読めない」
「九九が覚えられない」
「漢字の読み書きができない」

「話をじっと聞けない」

小学校に入学したばかりの子に「勉強好き?」「楽しい?」と聞くと、ほとんどの子が「勉強好き!」「楽しい!」と答えてくれます。ですが、学期が進んで学年が上がるにつれ勉強は難しくなり、それに比例して「勉強が好き」「楽しい」と答える子の数は減少します。

もし小学校のスタート(低学年)でつまづいて勉強が嫌いになってしまうと、これから長く続く学校生活は辛いでしょう。今後お子さんに楽しい学校生活をおくってもらうためにも、低学年の基礎学習が理解できているかをチェックしてあげましょう。

小3・小4(中学年)のお勉強

「わり算と分数が苦手で何回教えても理解してくれない」
「理科・社会・英語が授業に加わり子どもが混乱気味」
「3年生になって勉強を嫌がるようになってきた」

例えば、小3の算数では、わり算、分数、図形問題など、これまでの勉強より複雑になります。国語では新しい漢字が沢山出てきたり覚えることも沢山あります。

それだけではありません。これまで算数と国語だけだった授業に理科と社会が加わり、英語も少しづつ習うようになります。

小3は9歳の壁、学力格差が広がる分岐点と言われるように「急に勉強が大変になった」と感じる子が一気に増えるのはそのせいかもしれません。

もし、中学年の時点でつまづいてしまえば今後もっと難しくなる高学年の授業についていくことは厳しくなるでしょう。そうならないように、中学年の勉強は油断しないできちんと積み上げていきましょう。

小5・小6(高学年)のお勉強

「反抗期で親の言うことをきかなくなってきた」
「読解力が弱く文章問題は読まずとばしてしまう」
「フォートナイトばかりして勉強してくれない」

「5年生になって学校を休むようになった」

これまで低学年、中学年までは何とかなってきた勉強も高学年になると一段と難しくなり壁にぶつかる子が増えてきます。さらには、高学年で習う算数でつまづいた状態で中学に上がってしまったことで数学の成績で苦労されているという話は本当によく聞きます。

例えば、高学年で習う「分数のかけ算・わり算の問題」や「多角形の角度・体積を求める図形問題」といった単元はいずれも、中学の数学とつながりがあり、きちんと理解しておかないといけないんです。中学に上がって困らないように、関連の強い算数は特に注意が必要かもしれません。

実際私たちえーるには

家庭教師の先生には小学校の算数からやり直してほしい

中学生のお子さんをもつお母さんからは、このような依頼をされることも少なくありません。
このように、高学年は中学校の入り口でもあるため重要な時期という認識で取り組んでいきましょう。

ここまでのことを踏まえ、小学校のうちに身につけておいてほしい3つのことをここからご紹介します。

小学生のうちに身につけておきたい3つのこと

その1
基礎をきちんと身につける

小学校で習う勉強の多くが、今後中学、高校で習っていく学習の基礎(土台)の部分です。

勉強の基礎とは

  • きれいにノートをとる
  • 正しく計算ができる
  • 漢字の読み書きが正確にできる
  • 文章を読んで理解できる
  • 出された宿題をする(提出物)

※ここでいう基礎というのは勉強へ向かう姿勢なども含まれています。

どれも当たり前のことかもしれませんが、もしこれらの基礎があやふやなままで中学に上がると後々大変な思いをしてしまうんです。中学生になって苦しまないためにも、今のうちにこのような基礎はできるようにしておきましょう。

その2
勉強を嫌いにならないようにする

私たちえーるには、中学生からのご相談も沢山寄せられます。中学校で成績が悪くなったという子の多くが「小学校の時から勉強が嫌いだった」と答えます。中学に上がってから困らないためにも、せめて小学校の間は勉強が嫌いにならないようにしたいものですよね。

では、小学校で勉強が嫌いにならないためにはどうすればいいのでしょう?

それは勉強をわかるようにするです。

「そんなの当たり前」と言われるかもしれませんが実はそれ以外の方法はありません。

勉強がわかるとテストで良い点数をとることができます。点数が良いと周囲の評価も良くなり褒められる機会も多くなるので「もっとがんばろう!」と前向きになれます。

勉強している小学生

逆に、勉強がわからないとテストで良い点数をとることはできません。点数が悪いと褒められる機会は少なく周囲の評価も悪くなります。「どうせ自分は勉強できないから…」このようにやる気もだんだん下がり自信もなくなります。

そんな状態が続けばゲームやYouTubeといった楽しいことばかりに気もちが向いてしまい悪循環になるでしょう。中学や高校に比べてまだ簡単な小学校の勉強はきちんと理解して、できるだけ嫌いにならないように気をつけましょう。

その3
家庭学習の習慣をつける

先ほどもお伝えしたように、私たちえーるには中学生のお子さんからのご相談も沢山寄せられます。そして勉強で苦労している中学生は「小学校時代に家庭学習の習慣がついていなかった」という子がほとんどです。  

中学になると学習内容が難しくなるだけでなく、教科数や学習量は大幅に増えます。そのため、先生は生徒が家で予習・復習をしてくる前提で授業を進めていきます。つまり、中学に上がって家庭学習をしていないとだんだん授業についていけなくなってしまうんです。

そうならないためにも、小学校のうちに少しずつ家庭学習の習慣をつけておくことが大切です。

でも親子だと言うこときかないしどうすればいいの?

子どもに何を勉強させればいいかわからない

そんな方には私たちえーるがお役に立てるはずです。

えーるの家庭教師はほとんどが大学生です。お子さんと年齢が近く「親しみやすい」「話しやすい」と多くの方から喜んでいただいています。

相性ピッタリの家庭教師が横につき勉強のやり方から教えて家庭学習の習慣がつくように根気よく指導します。実際えーるで家庭教師の指導を受けられている方からは、

「うちの子先生の言うことだけは素直にきくみたい」
「子どもが家で勉強するようになったので嬉しいです」

このような喜びの声が沢山届いています。もしお子さんに

「勉強が楽しいと思えるようになってもらいたい」
「家で勉強できるようになってほしい」

このように思われた方に大切なお知らせがあります!!

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

家庭教師のえーるでは、12月23(金)までの期間限定で、「苦手を減らして勉強が楽しくなるやり方」無料体験キャンペーンをおこなっています。

寒さに負けず目指せ成績UPキャンペーン!
この12月にぐぐぐーんと伸びてほしい!
という願いを込めてえーるからささやかなプレゼントです!
12月23日(金)までに
無料体験を受けられた方限定!
※お電話の際に「寒さに負けず目指せ成績UPキャンペーンを見た」とお伝えください。
家庭教師のえーるでは今、「この12月のぐーんと成績アップしてほしい!」そんな願いを込めて、
無料体験を受けられた方にクオカードをプレゼントしています。ぜひお気軽にお電話ください!

体験授業は12月23日(金)までの期間限定ですので お急ぎください!

※体験授業を受けてもらう目的は、お子さんに合うやり方を見つけてもらうことです。体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りくださいお子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。体験授業でお会いできるのを楽しみにしています。

無料体験授業で、えーるの勉強法をお試しできます!

無料体験でこんなに学べる!

  • 1日15分!勉強嫌いな子でも毎日つづく予習復習法
  • テストの点数がバッチリとれるテスト勉強のやり方
  • 弱点や基礎へもどれるのカンタン戻り法

無料の体験授業は、なんとじっくり120分!受けられた方からは、嬉しい喜びの声を沢山いただいています。

この勉強法ならうちの子にもできそう!

一番もったいないと思うのは、やればできるのに勉強しない」「自分には無理とあきらめている」お子さん。そんなお子さんこそ、私たちは応援したいと思っています。

えーる坪井

ちょっとした“きっかけ”が大きな成長につながります!

えーるの体験授業でピッタリの”勉強のやり方”をお伝えしています。「成績アップのきっかけ作り」を、ぜひ私たちにお手伝いさせてください!

\ 1分でわかる! /

24時間OK!専門スタッフにお気軽ご相談ください

※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。

お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ、私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。

えーる坪井

それでは、体験授業でお会いできることをスタッフ一同、楽しみにしています!