目標達成シート【マンダラチャート】を勉強に活かす方法

目次

勉強のやる気を持続させる方法

うちの子勉強になると持続力がなくて困ってます。
ゲームは何時間でもやるのに勉強はやる気が続かない… 

えーるは23年間10000人のお悩みを解決してきましたが、その中でも特に多いのが「勉強のやる気が続かない」「勉強の持続力がなくて困ってます」といった相談です。

勉強に限らず何ごとも明確な目標がハッキリしていなければやる気を持続させるのは難しいかもしれませんよね。

逆に、明確な目標があると大きな夢も叶うということを証明してくれたのが大リーグで二刀流で活躍中のエンジェルス大谷翔平選手ではないでしょうか。

今回は大谷翔平選手が夢を叶えるために実践してきたといわれている目標達成シート「マンダラチャート」について少しだけお話をしたいと思います。(オープンウインドウ64とも呼ばれています。)

これは大谷翔平選手が高校1年生の時に作成したといわれている目標達成シートです。

高校生の時にすでにこのような目標を立てていたことも驚きですが、これらを実際に実践し今でも結果を出し続けているのは本当にすごいことですよね。

ではマンダラチャートはどのように作るのかを見てみましょう。

マンダラチャートの作り方

①9×9の81マスを紙に書いていき、真ん中に「成し遂げたい目標」1つだけ書きます。

②真ん中に書いた「成し遂げたい目標」の為に必要と思う「要素」をその周りに8つ書いていきます。その8つの「要素」を書いたらその外側にもう一度その「要素」を8つ書き足します。

③次に「成し遂げたい目標」に必要な8つの「要素」を達成するための「行動目標」を、外側に書き足した8つの「要素」の周りにそれぞれ同じく8つずつ書き込み、81マス全て埋まれば完成です。

では、これを勉強に当てはめた場合の例としてあげてみます。

①「成し遂げたい目標」・・・まず「○○高校合格」や「成績オール4にする」のような、自分が強く達成したいと思う目標を真ん中に1つだけ書き込みます。

②「要素」・・・「授業を大切にする」「家庭学習をする」「規則正しい生活を心がける」など8つだけ書き込みます。その8つの要素をそれぞれ外側にもう一度書いておきます。

③「行動目標」・・・「先生の話をよく聞く」「最低30分勉強する」「漢字(英単語)を1日10個覚える」「字を丁寧に書く」「〇時までに寝て〇時に起きる」「ゲーム(スマホ)は1時間まで」のように具体的な行動目標を8つの要素のまわりにそれぞれ8つずつ書いて完成です。

マンダラチャートでもやる気が持続できない子への指導法

曼荼羅チャートを作り目標が明確になり具体的になると、自分が何をするべきなのか明確になるのでやる気が続きやすくなるはずです。

ただ、目標が明確になっても、もし正しい勉強のやり方がわかっていないとしたら、やみくもに勉強しても良い結果は出ません。結果が出ないとやる気はだんだん下がってしまいます。

このように目標が明確になり具体的になると、自分が何をするべきなのか明確になるのでやる気が続きやすくなるはずです。

ただ、目標が明確になっても、もし正しい勉強のやり方がわかっていないとしたら、やみくもに勉強しても良い結果は出ません。結果が出ないとやる気はだんだん下がってしまいます。

私たちえーるには

  • 「前に通信教育してたけど教材がたまるばかりでやめました」
  • 「いつも最初はやる気になるけどなかなか続かないです」
  • 「うちの子計画立てて満足してしまい実行できません」

このように、勉強のやる気が続かないというお悩み相談が多数寄せられます。

そのほとんどが、正しい勉強のやり方がわかっていないことが大きいようです。

その証拠に…

「うちの子ゲームならほっといたら朝まですると思うわ」
「YouTube観だしたらずっと観るので困ってます」

自分の好きなことなら高い集中力で何時間も続けられるものです。

勉強のやり方がつかめるとやる気も成績も大幅にUP!!

遊びに何時間も集中できるお子さんは、勉強でも必ず集中できるはずです。

そんなお子さんの眠っている力を引き出すにはズバリ!家庭教師がおススメです!

実際私たちえーるで教えているご家庭からは

「1対1の指導なので、わかるまでとことん教えてくれるから子どもが安心して勉強してます

「問題ができた時に先生がすぐに褒めてくれるし細かいところまで見てくれてるのでやる気になってます

「家庭教師はうちの子だけを教えてくれるので勉強に集中しやすいみたいです」

このような喜びの声が沢山届いています。

ただ、家庭教師といっても週1回の指導のご家庭がほとんどです。

「指導中はやる気が出るけど、指導がない日は勉強しない」

これでは成績は上がりません。

そこで!

私たちえーるは、まず予習復習のやり方から教えて、一人でも勉強しやすい環境づくりをお手伝いをします。

予習復習が身につけば学校の授業で「わかる」「できる」の回数が増えて勉強に前向きになってきます。

「んー でもー うちの子本当にやる気がないし、予習復習なんてするかな」

そんなお子さんこそ私たちにおまかせください!

えーるでは、お子さんの学力やペースはもちろん、集中力に合わせながらどんな子でも毎日続く予習復習の課題から始めます。

ちなみに、えーるでは1日15分程度の課題から始める子が多いです。

1日15分の課題は、先生が一緒に考えて細かく学習計画を立て「いつ」「何を」「どれだけ」すればいいか学習計画ノートに記入します。生徒は指導がない日にそのノートを見ながら予習復習をします。

何をすればいいのか一目でわかるので、一人の時でも勉強がはかどります。

わからない問題には線を引いてもらい、次の指導日に家庭教師がわかるまで教えます。

1日15分の課題に慣れてきたら、10分単位で課題を増やし、お子さんが自立できるようにお手伝いします。

もし、今

勉強のやる気が続かない

勉強の持続力がない

このようなお悩みがあるという方にとってもいいお知らせがあります!

無料体験授業で、えーるの勉強法をお試しできます!

無料体験でこんなに学べる!

  • 1日15分!勉強嫌いな子でも毎日つづく予習復習法
  • テストの点数がバッチリとれるテスト勉強のやり方
  • 弱点や基礎へもどれるのカンタン戻り法

無料の体験授業は、なんとじっくり120分!受けられた方からは、嬉しい喜びの声を沢山いただいています。

この勉強法ならうちの子にもできそう!

一番もったいないと思うのは、やればできるのに勉強しない」「自分には無理とあきらめている」お子さん。そんなお子さんこそ、私たちは応援したいと思っています。

えーる坪井

ちょっとした“きっかけ”が大きな成長につながります!

えーるの体験授業でピッタリの”勉強のやり方”をお伝えしています。「成績アップのきっかけ作り」を、ぜひ私たちにお手伝いさせてください!

\ 1分でわかる! /

24時間OK!専門スタッフにお気軽ご相談ください

※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。

お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ、私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。

えーる坪井

それでは、体験授業でお会いできることをスタッフ一同、楽しみにしています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる