志望校の選び方で重要な4つのこと教えます

「志望校の選び方がわからない」

「受験のシステムをイマイチ把握できていない」

「そもそもどんな高校があるのかすら知らない」


家庭教師のえーるは21年間9000人のお子さんのお悩みを解決してきましたが、毎年このような相談が多く寄せられています。


将来就きたい仕事が決まっている子は高校選びも比較的スムーズにいくと思います。


ただ、高校に行くのは決まってはいるものの具体的な目標がまだない、自分が将来やりたい仕事が見つかっていないという子は志望校選びも一苦労するかもしれません。


そこで!今回は志望校選びで重要な4つのことお伝えしたいと思います!


志望校を選ぶ時に重要な4つのこと


その1 『その子の学力に合っている高校かどうか』


「せっかく頑張って高校に入ったけど進級が危うい」

「高校のレベルが高過ぎて授業についていけない」

「一つランクを下げて受験すればよかった…」


高校生からこのような相談がえーるには多く寄せられています。


高校に合格できるかどうかはすごく大事なことですが、高校に入ってからはもっと大事だということです。


せっかく頑張って合格したのに留年したり退学してしまうのでは意味がありませんよね。


お子さんが高校に入ってからもきちんと授業についていけるレベルの志望校選びをすることが重要ということです。


逆に高校のランクを下げすぎてしまい、入学してから毎日物足りなさを感じて通うのもよくないと思います。


模擬試験を受けて偏差値や判定を出してみたり、ネットの情報や口コミを見たり、進路指導の先生からアドバイスをもらうなどして自分の学力に合った高校選びをしましょう。




その2 『オープンキャンパスなどで高校の雰囲気を確かめる』


「○○高校の学校を見に行った時に娘が学校を気に入った」

「たまたま部活の練習試合で行った高校の雰囲気が良かったから受験したい」

「学園祭が楽しかったからその高校に入るため猛勉強して合格した」


えーるの生徒や親御さんからはこういった声が多く届いています。


最近はネットでさまざまな高校の情報を知る事ができるのでとても便利ですよね。


ただ、実際に高校に見学に行って雰囲気を味わうと現実味が生まれ、受験へのモチベーションが一気に上がることがよくあります。


その高校に通う生徒を見て「私はこの高校に通いたい」「生徒の雰囲気がうちの子には合ってると思った」といった意見もよく耳にします。


高校に入ってから「こんな高校だったのか…」とわかるのでは遅いので受験する前に学校を見ておくことをおすすめします。


あと、学校が遠すぎるため毎日の早起きが辛い、帰宅が夜遅く、体力的にも精神的にも疲れ果ててしまうというのでは3年間もちませんよね。


通学時間や交通の便利さなども高校選びの重要なポイントなのです。




その3 『高校にどんな部活があるのか?どのくらい強いのか?』


「高校でも野球を続けたいから野球部のある高校に行きたい」

「吹奏楽で全国大会の常連校に入って部活を頑張りたい!」


このように高校選びの時に部活動を優先して決めるというお子さんも多いかと思います。


ただ部活動で強豪校に行く場合、強豪校であればあるほど偏差値が高い学校が多く好成績をとっておかないと受験できません。


例えば、甲子園の常連高やサッカーの全国大会によく出場している高校には進学校も多く「顧問から最低オール4はないと無理だぞ」と言われて行けなかったという子も過去にはいました。


今まで一生懸命部活を頑張ってきたのに成績が届かなくて夢を諦めるのは本当に悔しいですよね。強豪校に行きたいという子は部活だけ頑張るのではなく勉強も両立していくことが求められています



その4 『その高校で学べることは?進学実績や就職実績は?』


高校は大きく分けると「進学に強い学校」と「就職に強い学校」となります。


もしお子さんが将来大学に行きたい(行かせたい)と思っているのであれば進学に強い高校を受けることになるでしょう。


進学に強い高校に入ると受験対策も万全だったり大学の情報も多くて安心です。


しかも、大学進学という同じ目標を持っている生徒が集まる環境なので周りからも刺激を受けやすくモチベーションを高く保つことができます。


もしお子さんが就職一本で考えてるのであれば専門的な知識を身に付けられる「商業高校」や「工業高校」といった高校を受験することになるでしょう。


最近では総合学科の高校や単位制の高校も増えていて、興味関心のある授業を自分で選択できるという理由から人気を集めています。


就職に強い高校に入ると企業と提携していたり求人募集も来やすい環境なので就職するにはとても有利になります。


ただもし、将来やりたいことや学びたいことがまだ決まっていないというお子さんはひとまず進学校を目指して高校の普通科に入っておき大学から専門の勉強を学んでいくというのもありかもしれません。


もちろん途中でやりたいことが見つかれば進路変更できるのでできるだけ選択肢は広くしておきましょう。


最後に


このように志望校を選ぶ時さまざまな選び方がありますが、いずれせよ重要なことは「充実した高校生活を3年間おくる」ということだと思います。


せっかく高校に行くのであれば楽しくて充実した高校生ライフをおくってほしいですよね。


そして気を付けてほしいことは


「友達が行くから自分も同じ高校に行く」

「先生がこの高校だったら受かると言ったから決めた」


というような人任せの選び方です。


高校に入ってから「この学校は自分には合わなかった」「3年間もこの高校に通うのは正直しんどい」そんな気持ちで嫌々通うことになるかもしれません。


「中学でもっと真剣に勉強しておけば良かった」

「もっとちゃんと調べてから高校決めれば良かった」


と後悔するのは絶対にさけたいですよね。


そんな後悔をしないためにも受験生になってから考えるのではなく、1年生や2年生のうちから高校を意識していくことが大切ではないでしょうか。


今もしお子さんの志望校選びで心配や不安なことがあるという方は一度えーるまご連絡ください。どんなに小さなことでも大丈夫です。


スタッフが親身に相談にのらせていただきます。


そして!!


「受験の仕組みを詳しく知りたい」

「志望校に合格するにはどうすればいいの?」

「成績アップするやり方を教えてほしい」


このように思われた方に大切なお知らせがあります。


えーるでは今!


「志望校に合格できるカンタン勉強法」無料の体験授業で教えています。



※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。


お申し込みはカンタン
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師を紹介できる理由
指導料
無料体験授業実施中
お問い合わせはこちら
家庭教師のえーる 資料請求はこちら