更新日2022年1月13日

「塾に行かせているのにテストの点数が下がってる」こんなお悩み解決します

中学生の塾事情

文部科学省の発表によると、公立中学の生徒の約7割が塾に通い、私立中学でも約5割の生徒が塾に通っているようです。

学習塾にかかる費用として、公立中学の生徒は年間約20万円でひと月約1.7万円かかっています。私立中学の生徒は年間約14万円でひと月約1.2万円かけているというデータが出ています。

塾の種類を大きく分けると2つで、学校と同じように授業が進んでいく集団塾と、個別に分かれた生徒を教えてくれる個別指導塾があります。最近では「1対1」~「1対3」で指導してもらえる個別指導塾に通う生徒が増えてきているようです。


「塾に通ってるのに成績が下がってきてる…」

「今の塾はうちの子には合ってないのかも…?」



私たち家庭教師のえーるは22年間10000人の中学生のお悩みを解決してきましたが、その中でも特に多いのが、「塾に通ってるのに成果が出ない」といった内容のご相談です。

子供の勉強に頭を抱えるお母さん



もともとは


「うちの子は家で勉強しないので塾で勉強させたい」


このような理由で塾に行かせた方も多いようですが、実際塾に行かせてから数か月経ちふたを開けてみると…


「塾に行く時しか勉強しないし成績が下がってきた…」


このようなお悩みに変わってきてるご家庭が結構多いんです。



成績を上げるには、1年の中で最も勉強時間の長い学校の授業を無駄にしないことです。


詳しくは後でご説明しますが、成績の上がらない子の多くは、週1~2回の塾の日だけの(家庭教師も含めて)勉強になっていました。


学校の授業では教科ごとの先生達が1週間で約20時間も授業を進めています。


その約20時間を活かさずに塾や家庭教師だけの時間で全てを理解できる子はほんの一握りの生徒さんに限られます。



「じゃあ授業を理解するにはどうすればいいの?」



はい。

予習復習している子

ズバリ!『予習・復習』をすることです。


学校の授業を理解して成績アップできる唯一の勉強法は『予習・復習』です!!


先ほども言いましたが、学校の先生は毎週約20時間分の新しい内容を教えて授業をどんどん先に進めます。


予習・復習をすることによってその20時間の授業が理解しやすくなり、その結果テストの点数UPにつながっていくんです。





「予習・復習のやり方がわからない場合どうすればいいの?」


このようなお悩みのある方もご安心ください!


えーるでは、勉強が苦手な子でも続けやすい予習・復習のやり方を丁寧に指導しています。


「塾に行ってるけど成果がでない」


という方はもちろん


「これから塾を検討する」


そんな方にもきっとお役に立てるやり方です。



えーるでは「予習復習のやり方」から教えて学校の授業が理解できるように応援しています。

そして、自分一人の時でも勉強ができるようになるまで根気よくサポートして、お子さんを成績アップへと導いていきます。




塾に通って成果が出ている子とそうでない子の違いとは?


塾で成果が出ている子

『家庭学習が身についている』

塾で成果が出ている子

家庭学習をして自分のわからない所を見つけてから塾に行き、そのわからない部分を質問できる子塾をうまく活用できていると言えるでしょう。さらに、家庭学習することにより、学校の授業や塾の勉強の理解度も上がり、必然的にテストの点数は良くなっていきます。




『家庭学習をしていない』

塾で成果が出ていない子

家庭学習をしていない子は、先ほども言いましたが約20時間の学校の授業が十分理解できておらず、わからないところもわからないという傾向があります。そんな状態では、せっかくの塾も質問ができずに活かしきれないようです。学校の授業だけでなく、塾での勉強まで中途半端に終わって結果が出ないという子が多かったです。



ご家庭からえーるに寄せられるご質問


Q:うちの子以前集団塾に行かせて全然ダメだったけど1対1の家庭教師をすれば成績上がりますか?  


A:集団塾は生徒の人数が多いため「質問ができない」といったご相談がえーるには多く寄せられます。確かにえーるで教えている生徒さんからは「家庭教師は1対1だから質問しやすい」と言っていただくことがあります。ですが、どんなに相性ピッタリの家庭教師が1対1で教えてくれたとしても、一人の時でも勉強する習慣がついていなければ、成績は良くなりません。個別指導塾に行って成績が伸びているお子さんだって、必ずと言ってもいいほど家庭学習をしているからです。

私たちえーるでは、勉強のやり方から教えてお子さんが一人の時でも勉強する習慣をつけていき成績UPできるように引っ張っていきます。

Q:個別指導塾に1年くらい通ってるのに成績が下がってきた。やっぱり家庭教師の方がいいのかな?


A:個別指導塾は生徒の人数が2~3人のところが多く、集団塾より質問がしやすいようです。ですが、家庭学習ができていないお子さんの場合、自分の苦手がわからないまま塾に行くため、質問ができていないようです。塾の時間ひたすら問題を解くだけになってしまい、せっかくの塾が活かせないまま帰ってくる子も多いようです。個別指導塾に通うにしても、家庭教師をつけるにしても、まずは正しい勉強のやり方をつかんで家庭学習の習慣をつけることから始めることが大切です。そのためにえーるでは一人の時でもできる勉強のやり方から教えていっています。

Q:塾で伸びない子に共通する特徴ってありますか?


A:はい。えーるには「塾で伸びない」というご相談が多く寄せられていますが、そんなお子さんに共通しているのは、塾に行く時だけの勉強になっているということです。家で勉強していない子は、自分のわからないところがわからないまま塾に行くのでうまく質問ができません。成績UPするために一番大事なことは学校の授業を理解することです。まずは予習・復習のやり方を身につけて家庭学習を充実させていきましょう。

ほかにこんなページも読まれています

個別指導塾と家庭教師向いてるはどっち?

 

塾と家庭教師うちの子はどっちが合ってる?

 

お悩み保健室はコチラ


えーるで教えている、中2のKちゃんの事例


Kちゃんは、中学に上がって塾へ通うことになり、週2回授業を受けていました。ただ、テストを受けるたびに点数が下がっていたことを、本人はすごく気にしていました。塾は休まず行くし、宿題も必ずやっていきます。夏期講習や冬期講習にも参加し、本人なりに一生懸命頑張ってきたつもりでした。頑張っているにもかかわらず、成果が出ず苦しんでいる子を可哀そうに思ったお母さんは、家庭教師を提案し、えーるの体験授業を受けることになりました。体験授業では、さまざまな悩みを打ち明けてくれるうちに、ある大事なことに気づきます。それは、Kちゃんは「予習復習」を全くしていなかった、ということです。えーるの家庭教師は、予習復習のやり方から教えて、毎日の授業を理解定着させます。えーるのやり方を気に入ってくれたKちゃんは、家庭教師をすることになりました。一週間後、Kちゃんが希望していた、優しくて質問をしやすい女の先生を紹介し、指導がスタート。予習復習のやり方を先生から教わりながら、元々真面目な性格だったこともあり、少しづつ家庭学習のカタチができてきました。そして、指導が始まってから最初のテストを受けます。テストを受けて学校から帰ってきたKちゃんは「先生に教えてもらったところが出て解けたよ!」今までは、テストを受けても自信なさそうに帰ってきてた子だったので、お母さんも思わずニッコリします。ただ、テストの結果としては、まだ平均点に届きませんでしたが、点数が上がったことでKちゃんの自信にはなったんじゃないかと、お母さんはおっしゃっていました。

Kちゃんは、先生にすごく懐いていて、今では週1回の指導が楽しみになっているそうです。


ここまで読んでいただきありがとうございます。

もしお子さんを見ていて


「塾に行ってるのに成績が上がっていない」

「今の塾がこの子に合っていないかも…」

「もっと家でも勉強してほしいのに」


このように思われている方に大切なお知らせがあります!!


えーるでは今!「塾で成果が出ていない子もグングン成績UPできる勉強法」を教える無料の体験授業をおこなっています!



無料の体験授業でお伝えする内容はコチラです⇩⇩⇩
どんな子でも毎日続く予習復習法。テストの点数がばっちりとれる勉強のやり方。過去に習った苦手に戻れる簡単戻り法。

体験授業を受けられた方からは


「このやり方ならうちの子でも毎日続けられるわ♪」

「成績アップできる勉強のやり方がわかって良かった♪」


このような嬉しい喜びの声を沢山いただいています。

体験授業では、お子さんにピッタリの”勉強のやり方”


※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。


お申し込みはカンタン
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師を紹介できる理由
指導料
無料体験授業実施中
お問い合わせはこちら
家庭教師のえーる 資料請求はこちら