3学期が終わるまでに 遅れを取り戻す

「勉強の遅れが多いから、うちの子学年上がってから苦労しそう」

「3学期のうちに、遅れた分を取り戻しておきたいけど、なかなかねぇ」

「親が口うるさく言っても、本人にやる気なくて毎日ケンカです」


私たち、えーるには毎年この時期になると、子どもの勉強の遅れを心配されているお母さんから、このようなお悩み相談が多く寄せられます。


もし、勉強の遅れをそのままにして、学年が上がってしまえば、遅れはさらに大きくなってしまうでしょう。


そうなれば苦手意識も強くなり、今まで以上にやる気がなくなってしまうかもしれません。


そこで、このようなお悩みを持つお子さんやお母さんへ、勉強の遅れを取り戻すためのとっておきの方法をお伝えします。



それは!


今まで習ったところを復習すること


です。


「当たり前でしょ、そんなの誰でも知ってます」


と、言われるかもしれませんが、この一見当たり前と思える復習という作業が、できていないお子さんが本当に多いんです。


ほとんどの子は、これから受けるテスト範囲(今現在習う内容)を中心に勉強します。


既に習った学習内容は、次のテストには出題されないということや、過去のことだと認識してしまい、振り返ることはあまりしなくなります。


3年生で受験勉強をする時になって、必要に迫られて過去の復習をするという子が、圧倒的に多いのが現状です。(高校入試問題の出題比率は1、2年から70%~80%)


「それはわかるけど、今の勉強でいっぱいだから、過去の勉強に戻る時間なんてないでしょ」

「そもそも復習って、どうやってすればいいの?」


このように思われてる方もいらっしゃると思います。


そんな方へお知らせがあります!


えーるでは、今までの苦手を効率良く克服する復習法を教えています。


今までの苦手を効率良く見つけて克服する復習法とは


実は、これまで習ってきた学習内容の多くが、今後習っていく学習の土台であり、大事な基礎なのです。


結局、テスト結果を良くするためには、これまでの学習内容(基礎)をきちんと理解しておく必要がある、ということになります。


特に、数学と英語に関しては、単元の関連が強いため、1年の基礎⇨2年、3年の応用発展とつながりがあるので、早目に基礎を見直さないといけません。


もし、1年の苦手をそのままにして、2年の授業を受けてしまうとわからなくなり、さらに3年になるともっとできなくなってしまいます。


そうならないように、


えーるでは、家庭教師がお子さんの苦手を一緒に見つけて、理解できるまでとことん教えます。


とは言え、教科書を一からやり直したり、丸ごと暗記するというのは時間がかかりすぎて大変ですよね。


そこで!


えーるでは、家庭教師が教科書の要点を絞って、効率良く復習できるやり方を教えます。短時間で効率よく復習できるやり方なので、勉強が苦手なお子さんや、集中力があまりないというお子さんほど効果抜群の勉強法です。


さらに、


「いつ?」「何を?」「どれだけするか?」といった、学習計画を家庭教師が横について一緒に立てていくので、1人でも勉強がしやすいと高評価をいただいています。


お子さんが1人で勉強できるようになるまで、家庭教師が根気よく引っ張ってサポートします。 


1人でもできる勉強を詳しく知りたい方はコチラ

▶▶「1人で勉強できるようになる方法」とは





去年、この時期から家庭教師の先生と、えーるの復習法を実践してくれた生徒からは


「自分が苦手なところが、できるようになって自信がついた!」

「基礎がわかるようになってから、授業がわかりやすくなった」


このような喜びの声が、えーるには沢山届いています。




家庭教師のえーるでは、今!


【3学期のうちに苦手をなくして、大きく成績アップする勉強法】無料の体験授業でお伝えします。


遅れを取り戻すには、今が絶好のタイミングです!!


このチャンスをお見逃しなく!!



※体験授業を受けてみて、少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は、遠慮なくお断りください。お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ、私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんので、ご安心ください。体験授業でお会いできるのを楽しみにしています。

お申し込みはカンタン
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師を紹介できる理由
指導料
無料体験授業実施中
お問い合わせはこちら
家庭教師のえーる 資料請求はこちら