2022年度 全国学力テストの結果と関西の傾向

2022年全国学力・学習状況調査 全国学力テストの結果を受けて
目次

【2022年度】全国学力テストの結果 上位を占めるエリア

令和4年7月28日に文部科学省は、小学6年生と中学3年生対象に2022年4月19日(火)実施した2022年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表しました。今年は小学校算数・国語 中学校数学・国語に加えて4年ぶりに小学校・中学校ともに理科のテストも実施しました。

文部科学省令和4年 全国学力・学習状況調査の結果参照

2022年の全国1位と2位を見てみましょう。

小学校

1位2位
国語秋田県石川県
算数石川県東京都・福井県
理科秋田県石川県

中学校

1位2位
国語秋田県・石川県福井県
算数石川県福井県
理科石川県福井県

このように、今回の全国学力調査では、小学校、中学校ともに石川県と秋田県が1位、2位を独占しており、両県ともに相変わらずの学力の高さを維持しています。そして、石川県と秋田県に続いて福井県や東京都という上位3位以内を常連が占めています。

秋田県の学力の高さの秘密

小学校の国語と理科、中学校の国語で一位を獲得した秋田県ですが、「どうして学力が高いのか?」ということに注目が集まっています。

その秘密として…2001年4月より秋田県では「少人数学習推進事業」として少人数学級を始めています。当時の教育長が学級崩壊を防ぐために実施したことがキッカケみたいです。少人数学級によって「きめ細かい指導ができる」「心にゆとりが生まれる」という声が教員から、保護者からも肯定的な声があがっているようです。

もちろんそれだけではないとは思いますが、全国でもトップクラスの学力が維持できている理由の一つに「少人数学習」という取り組みの影響があるのかもしれません。

この結果からも、少人数での指導になるほど児童や生徒に目が行き届きやすくなり、学力アップしやすくなることが証明されたのではないでしょうか。

参照資料
学力全国トップの秋田県は19年前から少人数学級を導入 伸びたのは学力だけではなかった 文科省vs財務省の少人数学級論争は学力だけを見てはいけない

全国学力テストの関西(2府3県)の結果は?

気になる私たちの住む関西の結果ですが、2府3県(京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、兵庫県)の小学生・中学生の全国47都道府県での順位は以下の通りになっています。

京都府の学力テスト順位

京都の順位 小学生6位 中学生18位

京都府教育委員会は、小学6年生、中学3年生ともにいずれの科目も平均正解率が全国平均以上だったと発表しました。テストと合わせて実施されたアンケートによるといずれの教科も「勉強が好き」と答えた児童生徒の割合が全国を下回るか同じとなりました。

京都府教育委員会は「学ぶ意味や楽しさを伝えることが課題として、子どもたちが主体的に学習するような取り組みを進めていきたい」としています。また、タブレット端末などを使うと意見を共有しやすく深い学びにつながるとみており、「端末に不慣れな教員らへ支援をしていく」としています。

大阪府の学力テスト順位

大阪の順位 小学生40位 中学生39位

大阪府では、小学校、中学校ともに全ての科目(国語・算数・理科)で全国平均を下回りました。大阪府教育庁小中学校課は「全体的には全国平均との差は少しずつ縮まっています。結果をさらに分析し、現場の教師と共有して学力向上に取り組みたい」としています。

大阪府教育庁HP

滋賀県の学力テスト順位

滋賀県は、小学校・中学校ともに8回連続で全ての科目で全国平均を下回ったことがわかりました。滋賀県教育委員会の教育長は、「結果をとても重く受け止めている。原因をしっかりと分析して改善を図っていきたい」としています。

さらに「少しずつではあるが成果が表れてきていると考えるがまだまだ十分ではない。今後今までの取り組みを踏まえ次のステップとして、各学校において読み解く力の視点から各学校の調査結果を分析して、課題に応じた読み解く力の育成につながる指導が実践させるように、引き続き授業改善における取り組みや研修を進めていきたい」としています。

滋賀県教育委員会HP

奈良県の学力テスト順位

奈良県は小学校・中学校ともに全ての教科の正答数が全国平均を下回りました。奈良県教育委員会の学ぶ力は、ぐくみ課の担当者は「結果は真摯に受け止める。子どもたちが主体的に学べるように教員向けの研修などを実施して授業内容を改善したい。」としています。

また、「学習状況調査」の結果では、中学生では、授業で学んだことを活かしながら自分の考えをまとめる活動を行ったという項目、授業中のパソコンやタブレットなどの使用頻度に関する項目で全国平均を下回っていたこともわかりました。

奈良県教育委員会HP

兵庫県の学力テスト順位

兵庫県では、中3数学と小6算数は全国平均より上回り小6国語は下回り理科は小学校・中学校ともに全国並みでした。

兵庫県教育委員会は「コロナで社会が混乱んして部活動なども制約されたことが影響している可能性がある」と指摘しています。さらに、「今回の結果を踏まえて教員の指導力向上の研修やゲーム時間のルール作りなどに取り組む」としています。

兵庫県教育委員会

学力テストの結果を受けて学力アップするために

2022年の全国学力テストでは、関西でも府県によって様々な結果が出ています。

私たち家庭教師のえーるは、これからも引き続き関西にお住まいの小学生・中学生さんの学力アップに全力を注いで応援していきます。

お子さんが学力アップするために必要不可欠なことは、塾や家庭教師などの勉強だけでなく、日々の家庭学習の習慣だと私たちは考えています。

実際えーるには

「塾に行くだけになってしまい成績が伸びてない」
「うちの子家では勉強しなくて困ってます」

このようなお悩み相談が沢山寄せられています。

そんなお困りの方に私たちえーるは、担当する家庭教師が勉強のやり方から教えて日々の家庭学習の習慣づけのお手伝いをします。

でも、うちの子全然やる気ない子だから難しいと思う

そんなお子さんも私たちにお任せください!

私たちはこれまで沢山のやる気のない子にやる気をもたせて大幅に成績アップさせてきました。お子さんが勉強のやる気が出ないのには必ず原因があります。

私たちは23年間、沢山の児童や生徒と接してきましたが、やる気がでない原因で多いのが、勉強のやり方がわかっていないからなんです。

実際えーるで教えている児童・生徒にも勉強のやり方をつかんでもらい、大きく成績アップをし、やる気になってくれてる子がいっぱいいます。お子さんに相性ピッタリの家庭教師が、勉強のやり方を教えていき「わかる!」「楽しい!」という実感を持たせます。

その結果

やる気なかった子が自分から勉強するようになって驚いてる
先生に来てもらうようになって子どもの表情が明るくなった

多くの方からこのような嬉しい声が沢山届いています。

ここまで読んでいただきありがとうございます。読んでいただいた方に大切なお知らせがあります。

えーるでは今、やる気UP!カンタン成績UPの勉強法をお伝えする無料の体験授業をおこなっています。無料の体験授業では「授業がよくわかってやる気が出る勉強のやり方」をアドバイスします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる