更新日:2021年10月14日

中学生にとって最大の試練と言えば”高校入試”ですよね。(※私立や中高一貫は除く)



「公立に行ってほしいけどなかなか難しいのよね~・・・」


人気が高く志望人数が多い公立高校に合格することは勉強が苦手な子にとって 大変なことですよね。



学校の三者懇談などでは先生から「今の成績では公立ムリ・・・」とハッキリ言われてしまいショックを受けたというお子さんも多いようです。

※頑張って欲しいという思いからあえて厳しいことを言う先生も多いようです。でも先生の思いとは逆に、生徒のやる気をなくし保護者は不安や焦りだけが残ってしまうことがほとんどのようです。           


「今まで塾や通信教材などいろいろやったけど、全部ダメだったわ…」



えーるには、いろんな勉強に手を出しすぎてしまい勉強を大変にしてるご家庭からのお悩み相談をよくいただきます。

これは受験生も同じやみくもに勉強してしまい大変なわりに成果はでなかった…
そんな子が本当に多いようです。


えーるには、「今まで何をやってもダメだったけど公立に合格できた!」そんな大逆転を果たしたお子さんがたくさんいるんです!


さきほど、勉強を大変にしている子が多いとお伝えしましたが、私たちえーるの”やり方”は本当にシンプルです!

高校入試ときくと「なんか大変そうだな…」そう思っている方も多いと思います。
ただ定期テストもそうですが、公立高校の入試問題は「学校の授業で習った内容から出題される」そう決まっています。

では学校の授業をものにするために最も有効な方法はというと?

それは
『予習・復習』です!
「予習・復習をして普段の授業の要点をつかんでいく」ことこそが合格への近道ということになります。

公立高校合格への3つのポイント!

そこで!
私たちえーるでは、
『15分で効果バツグンの予習・復習』のやり方から教えていっています。

勉強が苦手な子でも毎日続く”15分の勉強法”によってたくさんの子がしっかりと成果をだしてくれています!

>>15分で効果バツグンの予習・復習法はコチラ


内申点(内申書)について


公立高校の受験は当日の試験と同じくらい内申点が重視されます。

内申点は定期テストの結果+意欲・関心・態度(提出物や忘れ物を含めた)を合わせたもので評価されます。


授業をものにするということは内申点UPにもつながることなので公立受験にはとても有効な事だということがおわかりいただけると思います。


「公立の入試は5教科だし全部やったほうがいいのはわかるけど、教科を絞った方が効率よくない?」そう思われる方もいるかもしれませんが・・・


英語・数学・国語関連の強い教科今まで習ってきた要点がわかっていないと新しい内容が理解できないことがあります。

理科・社会暗記の教科。興味ある分野なら覚えられるけど、興味がない分野ははかどらない、覚えることも多すぎてやる気がでないという話をよくききます。

もし普段から偏った勉強をしていると…テスト前、暗記に時間をとられて英数国の勉強時間がなくなり、結果的に5教科全体の点数が下がってしまうということがよくあります。

私たちえーるでは、お子さんの苦手な科目を中心に5教科のやり方から教えます。

例えば英数国だけのように偏った勉強ではなく、普段から5教科バランスよくできるようにして全体的に点数UPできるお手伝いをしていきます!

「やったー、テスト終わったし今日から遊ぶぞー!」

勉強が苦手という子に共通していることの一つに、テストが終わったら一切勉強しなくなるということがあるようです。
大変なテストから解放されたのですからその気持ちはよ~くわかります。ですが、テスト後の見直しをしておかなければ”本当の意味で授業をものにした”とは言えません。

えーるの家庭教師は、お子さんが自分では気づけないような弱点やクセを見つけて改善していきます。

一人でははかどらない「テストの見直し」も家庭教師と一緒であればやりやすいのでお子さんの苦手や負担がどんどん減っていきます。




~番外編~

志望校を決めて「学校説明会」「授業体験」「部活動体験」などに行ってみる


『志望校を決めて「学校説明会」「授業体験」「部活動体験」に行く3つのメリット』


1⃣自分が高校に通う姿がイメージしやすく勉強の意欲UPにつながる


マラソンでもあの長い距離を走れるのはゴールが明確にあるからですよね。もし、マラソンにゴールがないとしたら誰も走ろうとは思わないでしょう。

勉強も同じように目標の高校が決まってないまま「勉強しなさい!」「受験勉強を頑張れ!」と言われ、やみくもに勉強をしても気持ちは途切れてしまい長続きしません。

志望校を定めて「学校説明会」や「体験授業」や「部活動体験」に行ってみて、実際に説明を聞いたり自分の目で見て雰囲気を感じることでイメージが湧き、目標も具体化されていきます。実際えーるにも「これまでいくら言っても勉強ない子が、一緒に高校を見に行った日から勉強するようになりました。」そんな驚きの話も届いています。

「あの学校に行きたい=勉強する」このように実際に学校を見ることで、モチベーションUPにつながることがよくあるので行かない手はありませんよね。

※体験授業などない高校もあるので事前に高校のHPなどで調べておきましょう


2⃣学校の雰囲気を体感できる


せっかく受験勉強頑張って合格したけど、実際入ってみると「思ってた学校と違った…」「3年間ここで過ごすのはちょっとしんどいかも…」そうなっても後戻りはできません。そうならないように、「学校説明会」「体験授業」「部活動体験」に参加してみましょう。ホームページやパンフレットだけでは味わえない空気感や、部活をしてる先輩を見るだけでも感じるものがあるはずです。


3⃣通学にかかる時間は?駅からの距離は?高校までの通いやすさを確認できる


「交通機関の乗り換えが多くて毎日通うのが大変」「駅から校舎まで遠すぎて(坂道が多くて)通学だけでヘトヘト」 高校生からこんな苦労話を聞くことがあります。

せっかくの楽しい高校生活も、通学時間で自由時間がなくなり、勉強で睡眠時間が削られる毎日というのは辛いですよね。

「入ってみたら想像以上にキツかった」そうならないように、予め高校までの通いやすさもを確認しておきましょう。もし、仮に通学が大変だとしても、それ以上に行きたいと思える高校であれば挑戦する価値はあるでしょう。

このようにえーるでは、勉強のモチベーションUPのためにも、目標の高校はできるだけ早めに決めておき、「学校説明会」「体験授業」「部活動体験」に参加することをおススメしています。


関西の高校のオープンスクールなどの情報

大阪府のオープンスクール情報はこちら➡01taikennyuugaku0729.xlsx (live.com)

京都府のオープンスクール情報はこちら➡setumeikai.pdf (kyoto.lg.jp)

兵庫県のオープンスクール情報はこちら➡オープン・ハイスクール (hyogo-c.ed.jp)

滋賀県のオープンスクール情報はこちら➡ R3体験入学一覧表(学校別) (shiga.lg.jp)

奈良県のオープンスクール情報はこちら➡r3e-o-pun.pdf (pref.nara.jp)


わたしたちえーるの家庭教師は、お子さんが高校受験という大きな目標に向かって安心して勉強に取り組める環境づくりをしていきます。


お子さんが弱気になった時などはとなりで励ましながら正しい方向に導くような心強い存在でありたいと思っています。

>>えーるの先生を見たい方はコチラ…

さきほどもお伝えしましたが、公立高校に合格するには特別な勉強は必要ありません。

高校受験で一番大切なことは”学校の授業(教科書)を理解することです。


とてもシンプルですが、もしやり方や進め方を誤ってしまうと遠回りで負担の大きい勉強になってしまうかもしれません。


学校の授業は毎日どんどん進み、気づいたら受験前になって大慌て…こうなると取り返しつかなくなります。


そうなる前にぜひ!お子さんにキッカケだけでもつくってあげてもらえないでしょうか?


えーるでは今!

学校の『予習・復習のやり方』がよくわかる無料の体験授業をやっています。

たった一回だけの体験授業ですが「子どもが驚くほどやる気になった!」体験授業がキッカケになり「遅れが取り戻せて成績UPに成功!」という子がたくさんいます!

「公立高校に合格したい!」と思われた方は”今”がチャンスです!!

※体験授業をうけて思ったものと違うと思われた時は遠慮なくお断りください。無理な勧誘はないことをお約束します



その他のよく見られるお悩みはコチラ▶▶


家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師を紹介できる理由
安心料金
無料体験実施中
お問い合わせ