「大宰府天満宮に次いで日本で2番目に古い天満宮」と称され、
「上宮」の名も、創建が京都の北野天満宮より以前であることから付けられたといわれています。


JR高槻駅から石鳥居へつづく参道はかつて松並木が続き、天神の馬場と呼ばれていたそうです。
また、天正10年(1582)山崎合戦の際、秀吉が本陣をおいたといわれています。


車道をまたぐ大きな鳥居が!!
この通りの突き当たりに天神さんがあります!


4万㎡の緑いっぱいの敷地に8000本の竹林。
とっても広い境内です。

これは、社頭です。
長い階段、長い参拝道、負担に対処する為に参拝所を開設したそうです。

気軽にお詣りできますね。


階段の左側に車道があり、この先の境内にある駐車場に車を止められます。



本殿↓

これら本殿の屋根を見ると竹が使用されているのがよく分かりますね。



撫で牛☆
上宮天満宮は石造りの牛さんでした。

家庭教師 無料体験実施中