金戒光明寺に行ってきました

徳川家康は幕府を盤石なものにする為に特に京都には力を注いだ、直轄地として二条城を作り所司代を置き、何かある時には軍隊が配置できるように黒谷と知恩院をそれとわからないように城構えとしているのである。黒谷に大軍が一度に入ってこられないように南には小門しかなく、西側には立派な高麗門が城門のように建てられた。小高い岡になっている黒谷は自然の要塞になっており、特に西からやってくる敵に対しては大山崎(天王山)、淀川のあたりまで見渡せる。因みに山内の西翁院にある淀看(よどみ)の茶席(重文)は、茶席より淀川の帆船を見ることが出来たのでこの名が付けられた。また、黒谷古地図によると浪華城遥矚(ようしょく)とあり大坂城まで見えたという。



山門

金戒光明寺山門1

西山連峰、黒谷の西2キロの京都御所、西10キロの小倉山を眺み山門、阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並び、幕末京都守護職会津藩一千名の本陣にもなった場所です。


御所まで約二㎞、粟田口(三条大橋東)東海道の発着点までは一・五㎞のくだり、馬で走れば約五分、人でも急げば十五分で到着できる要衝の地でした。



山門

本殿 ↓

御影堂(大殿)↓


御影堂の内陣正面には宗祖法然上人75歳の御影(座像)を奉安している。火災による焼失後、昭和19年に再建となったもので、堂内の光線と音響に細部の注意がこらされて昭和時代の模範建築物といわれています。

『紅葉の回遊式庭園と
市内一望の山門特別公開』
に行ってきました。


こちらが庭園です。
うまく写真が撮れなくて…
綺麗な庭園が伝わってないような

亀


庭園を歩いていると亀が!! 数匹いましたよ。是非、探してみて下さい♬



そう言えば、以前テレビ番組で芸人の麒麟の川島さんが庭園作りをされていたような…ここじゃなかってかな?なんとなくしか覚えてなくて…すみません。

家庭教師 無料体験実施中