反抗挑発症(反抗挑戦性障害)


症状

  • 怒りやすい(すぐにイライラする・かんしゃくを起こす)

人の発言に対して過敏に反応しやすく、イライラしたり、かんしゃくを起こします。


  • 口論を好み挑発的になる 

目上で権威ある人に口答えや反抗して困らせます。あと、自分の非を人のせいにする傾向があります。


  • 意地悪・執念深い

人に対して意地悪で、優しくできません。昔のことをずっと根に持つ性質があります。

9歳~10歳未満の子に多く、これらの症状が半年以上続けば反抗挑発症の可能性があります。



原因

情動のコントロールが苦手という気質であることや、養育者がよく代わったり、ネグレクトなどの養育環境も発症の原因としてあげられるようです。



素行症(行為障害)


症状

「暴力、動物への虐待、いじめ(ネットなど含む)」

「放火、器物損壊」 

「うそをつく、万引き、詐欺」

「夜中の無断外出、無断外泊、学校を無断で休む、校則やルールを破る」

このような行動が1年以上続くと、素行症と診断されることがあります。

基本的に人の気持ちや感情などを考えるのが苦手です。




原因

知的能力や言語性IQが低く感情の調整ができない気質であることや、養育者がよく代わる、親(養育者)からの身体的または性的虐待、ネグレクトなどが原因と言われています。また、両親が素行症の子どもは、素行症になるリスクが高いようです。

反抗挑発症の、「怒りやすい」「イライラする」などといった感情的な症状に比べ、素行症の場合、暴力や放火などといった、残虐行為を行うことが特徴です。

反抗挑発症、素行症に共通することは「秩序やルールを乱すこと、自分で感情をコントロールするのが苦手」という点です。



最後に


反抗挑発症、素行症のどちらも先天的な要素の場合もありますが、親のしつけや育て方によって症状を緩和することは可能だと思います。

子どもを一方的に非難したり、無理やり押さえつけようとすれば、ますます反抗的になり逆効果です。

親が感情的(攻撃的)にならないように、子どもの問題点を優しく教えてあげます。そして、子どもが正しい行いをした時は、褒めて認めてあげて自己肯定感を高めてあげましょう。

そのためには日頃からお子さんのために、しっかり向き合う時間をつくってあげることが大切ではないでしょうか。

本田秀夫さんWikipedia 参照

反抗挑発症Wikipedia 参照

素行症Wikipedia 参照