更新日:2022年5月16日

記憶力・暗記力がupする秘訣

「とにかく暗記が苦手で困ってる」

「うちの子記憶力が弱いんです…」


私たち家庭教師のえーるには、このように暗記で苦労されているお子さんからのお悩み相談が多く寄せられます。

勉強する時に避けて通ることができないのが「暗記」ですよね。

数学の場合は公式、国語は漢字、英語は英単語、理科は元素記号、社会の場合は地名、年号、人物名・・・など、暗記がメインの教科といっても過言ではありません。このように、ほとんどの教科で必ず暗記は必要になってきます。

つまり、暗記がうまくできるかどうかによって成績にも大きな差が出てくるため、きちんと覚えられるようにしておきたいですよね。

そこで、今回は、数ある暗記法の中からいくつかの暗記法を選んでご紹介しますので、今後の勉強に役立ててもらえると嬉しいです。



 インターリービング学習 


一般的な学習の場合はブロック学習(集中学習)といって、一つのことを全部覚えた後に、次のステップに移ったり、違う項目を覚えたりと、順序立てた学習をしていきます。


インターリービング学習の場合、従来のように順番通りに覚えるのでなく、敢えて違うことに切り替えて覚えていくという分離型暗記法です。


例えば、英単語を覚えようと思っても、なかなか思うように暗記できなかったとします。そんな時は、一旦英語から離れて国語の漢字を覚えてみます。


このように、敢えて違う分野にチェンジすることよって、英単語ばかり覚えようとしていた時より暗記力がUPしやすいという効果があるようです。


漢字もずっと覚えるのではなく、スパッとやめて、次は社会の年号を暗記してみます。その後にもう一度最初にしていた英単語を暗記してみると、最初の時よりすんなり頭に入ってくることがあります。


一つのことをしていて行き詰ったり、頭に入ってこなくなった時は、一旦スパッと違う分野の勉強に切り替えてみるのもありかもしれません。



 リマインドプッシュ暗記法 


リマインドプッシュ暗記法は、思い出すことに重点を置いた暗記法です。覚えたいことを必死に頭に叩き込もうと沢山読んだり、沢山書いたりと、いくら覚えようと頑張っても一向に頭に入ってこないことってありませんか?そんな時には、リマンドプッシュ暗記法を試してみるといいかもしれません。



リマンドプッシュ暗記法


①覚えたい項目を自分が覚えやすいようにできるだけコンパクトに略しておきます。

②コンパクトにした項目を5秒だけ見た後に目を閉じて、何回も頭の中で復唱します。

③その復唱したことを思い出そうとする時に、脳が記憶していく


といった暗記方法です。人の脳は、覚えようとする時よりも思い出している時の方が暗記できるらしいのです。このように、「思い出す」ことに力を入れてみると案外すんなり暗記できるのかもしれません。一度試してみる価値はありそうですね。




 音楽をつけて覚えるメロディ暗記法 



「好きな歌手が歌っている音楽の歌詞はすぐ覚えるのに、社会や理科などの暗記は全然ダメ!」 


こんなお子さんも多いと思います。もちろん、その歌手のことに興味があるから頭に入ってくるというのはあると思います。ですが、一番のポイントはメロディーがついているということなんです。歌詞だけじーっと見て覚えるよちもメロディーがついているが頭に残りやすいということなんです。


IMG_258

覚えたいことがある時は、好きな歌の歌詞を書き換えてみて、リズムにのせて覚えてみると、暗記も楽しくなってくるかもしれません♪ (替え歌を作るようなイメージ)

好きな歌手の歌でメロディ暗記法を一度試してみてはいかがでしょうか。




 重要ポイントが効率良く覚えられる予習復習暗記法 



「うちの子記憶力が弱くて社会の暗記ができないみたい」


えーるにはこのようなご相談が多く寄せられています。このように、なかなか覚えられないのは記憶力や暗記力が弱いからでしょうか? 


実は、必ずそうとは限らないようです。私たちえーるで教えている生徒を見ていても、暗記が苦手な子の場合、記憶力が弱いわけではなく ”覚えるポイントや覚えるコツがわかっていないだけ”という場合が多いんです。


例えば、テスト範囲を一から全部丸暗記しようとする子って多いですが、そのやり方だと、とにかく時間がかかって効率が良くありません。だからといって山をかけたり、ランダムに覚えていく方法だと、覚えたところがテストに出なくて飛ばしたところが出題された時悔しい思いをしますよね。

そんな時に有効なのが予習復習暗記法です。



予習復習暗記法のやり方 


①【予習】 授業の前日に重要ポイントを絞って読んでおきます。

②【学校の授業】 昨日読んでおいた重要ポイントの説明を授業で集中して聞きます。

③【復習】 その日に習ったことを家に帰ってもう一度見直して確認します。



この予習復習という反復作業によって、重要ポイントがより確実に頭に残っていきやすくなります。さらに、一番大事な学校の授業を理解することができるのでテストの点数もUPしやすくなります。


もちろんテスト前になってから大量の暗記をするという大変な作業をしなくてすむので、時間や気持ちに大きなゆとりが生まれてきます。


この予習復習法は、特に暗記が苦手という方にオススメの勉強法です。重要なことを絞ってすることで効率が良く短時間で大きな結果を出すことができるんです!



「予習復習が大事なのはわかるけどうちの子にできるかな…」



そんな方にお知らせがあります。

えーるでは今! 誰でも簡単にできる予習復習のやり方を丁寧に教える無料の体験授業を行っています。

体験授業を受けられた方からは、



「暗記が苦手なうちの子にはピッタリかも」

「テストで点数UPできる気がしてきた」


このような嬉しい喜びの声を沢山いただいています。

体験授業では、をお伝えし、キッカケづくりのお手伝いをしています!



※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。



お申し込みはとってもカンタンです
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師を紹介できる理由
分かりやすい 安心料金
やるきに火がつく勉強法 今なら無料の体験授業
「まずは気があるに資料請求」資料請求はこちら
「いろいろ聞きたいことがあるんだけど」お問い合わせはこちら