2019年度

滋賀県の高校入試選抜について


推薦選抜 2月6日(水)


1人1校、1課程、1学科または1科限りとする。
ただし、スポーツ・文化芸術推薦選抜の志願者は、出願先高等学校が実施する同一課程、同一学科または同一科の推薦選抜を併願することができる。


検査方法

面接、作文または実技検査のうちから二つ以内を課す


選抜方法

個人調査報告書、推薦書等の内容ならびに面接、作文または実技検査の結果を資料として、総合的に判定。


◎推薦選抜で合格した場合は、必ず入学する。推薦選抜に不合格となった者は、「一般選抜」に、改めて出願できる。


推薦選抜に不合格となった者は、「一般選抜」に、改めて出願することができる。


滋賀県推薦選抜

特色選抜 2月6日(水)


1人1校、1課程、1学科または1科限りとする。
ただし、スポーツ・文化芸術推薦選抜の志願者は、出願先高等学校が実施する同一課程、同一学科または同一科の特色選抜を併願することができる。


検査方法

特色選抜出願者全員に対して口頭試問、小論文、総合問題または実技検査のうちから二つ以上を課す。


選抜方法

志願理由書および中学校長から提出された個人調査報告書等の内容ならびに口頭試問、小論文、総合問題または実技検査の結果を資料として、総合的に判定。


特色選抜に不合格となった者は、「一般選抜」に改めて出願することができる。

滋賀県特色選抜

スポーツ・文化芸術推薦選抜

2月6日(水)および7日(木)の両日またはいずれか一日


1人1校、1課程、1学科または1科限りとする。
ただし、出願先高等学校が実施する同一課程、同一学科または同一科の推薦選抜または特色選抜を併願することができる。


検査方法

スポーツ・文化芸術推薦選抜出願者全員に対して実技検査を実施するとともに、面接、作文または小論文のうちから一つを課す。

推薦選抜または特色選抜を併願する者については、スポーツ・文化芸術推薦選抜の検査に加え、推薦選抜または特色選抜と同じ内容の検査を課す。


選抜方法

個人調査報告書およびスポーツ・文化芸術推薦選抜推薦書等の内容ならびに各検査の結果を資料として総合的に判定し決定。
出願先高等学校長は、推薦選抜または特色選抜を併願する志願者がある場合は、スポーツ・文化芸術推薦選抜の入学許可予定者を先に決定し、次に、推薦選抜または特色選抜の入学許可予定者を決定。


◎スポーツ・文化芸術推薦選抜で合格した場合は、必ず入学する。

スポーツ・文化芸術推薦選抜に不合格となった者は、「 一般選抜」に、改めて出願できる。


スポーツ・文化芸術推薦選抜に不合格となった者(ただし、推薦選抜または特色選抜を併願し、これに合格した者を除く。)については、「一般選抜」に改めて出願することができる


滋賀県スポーツ文化芸術推薦

一般選抜

学力検査は3月6日(水)面接は6日または7日に実施


1人1校、1課程、1学科または1科限りとする。ただし、出願しようとする県立高等学校の同一の課程に2以上の学科または科が置かれる場合にあっては、これを第2志望または第3志望とすることができる。


検査方法

国語、数学、社会、理科、英語の5教科。
面接、作文または実技検査のいずれかを課す場合は、5教科の学力検査終了後またはその翌日に実施する。
ただし、5教科のうち1教科を減じる場合は、当該教科の検査時間に実施することができる。


◎出願しようとする県立高等学校の同一の課程に2つ以上の学科または科がある場合には、これを第2志望または第3志望とすることができる。


・石山高等学校音楽科、草津東高等学校体育科および栗東高等学校美術科の実技検査は3月7日(木)に実施


選抜方法

個人調査報告書、学力検査実施教科等の成績を資料として、決定する。
専門学科を優先して入学許可予定者を決定し、次に、普通科の入学許可予定者を決定。


滋賀県立膳所高等学校、滋賀県立米原高等学校、滋賀県立草津東高等学校、滋賀県立栗東高等学校




滋賀県一般選抜

二次選抜 3月19日(火)


入学許可予定者数が募集定員に満たない学科または科において、次のとおり二次選抜を行う


検査方法

面接および作文を出願者全員に対して行う。
一般選抜で実技検査を実施する場合は、二次選抜でも実技検査を実施することができる。



選抜方法

個人調査報告書、面接および作文の結果を資料とし、7の学力検査の結果を参考資料として決定。




[転入学・編入学]

単位制による定時制の課程(昼間)のみ


次の(1)に該当し、かつ、(2)または(3)のいずれかに該当する者とする。
(1) 志願者が滋賀県内に住所もしくは勤務先を有する者または入学日までに県内に住所もしくは勤務
先を有する見込みの者であること。
(2) 転入学志願者 高等学校または中等教育学校の後期課程(以下「高等学校等」という。)に在学
し、教科・科目の修得単位を有する者または有する見込みの者
(3) 編入学志願者
過去に高等学校等に在学して、教科・科目の修得単位を有する者


検査方法

学力検査(国語・数学・英語)と面接


選抜方法

成績証明書、学力検査の成績および面接の結果等を資料として決定。




[通信制の課程](単位制)


他の課程および県立高等学校との併願はできない


検査方法

面接


選抜方法

個人調査報告書および面接の結果を資料として総合的に判定し、入学許可予定者を決定




二次選抜


入学許可予定者数が募集定員に満たない場合は、次のとおり二次選抜を行う


検査方法

面接


選抜方法

個人調査報告書および面接の結果を資料として総合的に判定し、入学許可予定者を決定




滋賀県教育委員会のページ参照


お申し込みはとってもカンタン
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師
無料体験授業実施中
家庭教師のえーる 資料請求はこちら