2019年度 

京都府の公立高校入試選抜



 前期選抜 (2019年2月15日から16日の間に実施)

※音楽科は2月2日及び3日に実施


検査項目と選抜方法


共通学力検査 実施3教科×(各教科50点)=150点
高等学校が独自に作成する学力検査については実施要項によること。


報告書は135点(中学校3年間の評定の合計)を基本として、配点


学力検査:報告書:他の項目(面接、作文(小論文)、活動実績報告書)の3つで、各高等学校により配点比率が違う。


京都府公立高校検査項目選抜方法



 中期選抜 (2019年3月6日実施)



  • 第2志望まで志願できる。なお、全日制については第1志望に順位をつけて、異なる志願さきを2校または2学科、系統等まで志願できる。
  • 全日制と定時制をまたがる志願はできない。

  • 第2志望については、第1志望優先で合格者を決めた後、なおその学科等に欠員がある場合、第2志望で選抜を行う。



選抜方法


ステップ1

第1順位校(第一志望)を判定。募集人員の85%以内(山城・口丹・中丹・丹後通学圏地域)又は90%以内(京都市・乙訓通学圏地域)


ステップ2

第1順位の選抜で合格範囲外の人と他校の第1順位の選抜で合格範囲外となった第2順位希望者で判定。ステップ2で第1順位校及び第2順位校の双方ともに合格範囲内となった人は第1順位校で合格。


第一志望優先で合格者を決めた後、なおその科に欠員がある場合、第2志望で選抜。


京都府公立高校選抜方法



報告書の評定と学力検査の取扱い


9教科 全学年の評定 195点(①+②)


◆5教科(国語・社会・数学・理科・英語)
 (各教科5点)×(5教科)×(3学年分)=75点(①)


◆4教科(音楽・美術・保健体育・技術・家庭)
 (各教科5点)×(評定を2倍)×(4教科)×(3学年分)=120点(②)


学力検査


5教科 200点


◆実施5教科(国語・社会・数学・理科・英語)
 (各教科40点)×(5教科)=200点




 後期選抜 (2019年3月25日実施)


  • 前期選抜、特別入学者選抜および中期選抜を実施した後、相当の欠員が生じている場合に実施することがある。
  • 後期選抜実施校は、中期選抜の合格者の発表と同時に発表する。


  • 報告書、学力検査(国語・数学・英語)の成績および面接の結果を総合的に判断し、合格者を決定する。※学力検査  各教科30点 合計90点


 通信制 



  • 3月26日、27日、28日に受付を行う。詳細は、府立朱雀高等学校または府立西舞鶴高等学校に問い合わせること。
  • 学力検査は実施せず、必要に応じて面接を実施し、報告書等により選抜を行う。



京都市教育庁指導部のページ参照

お申し込みはとってもカンタン
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師
無料体験授業実施中
家庭教師のえーる 資料請求はこちら