不登校のご家庭から、家庭教師に求められる事えーるがお役に立てる事

不登校と言っても、ご家庭によって悩みは様々ですし一人ひとり目標も違います。えーるに不登校のご家庭からよくいただく相談や、家庭教師に求められる要望などをいくつか事例としてあげてみたので参考にして下さい。


その1


今は学校には行けていないけど、出来れば高校は普通科に行って欲しい

本人が望むのならなんだけど、できることならその先大学も考えてあげたい。本来なら学校で習うはずの勉強を自宅で頑張れるように家庭教師の先生に教えてほしい。



「本当は学校で授業を受けたいけど、事情があり今は学校に行けない。」そんな不登校のお悩み相談が増えています。(病気、イジメなど…)


えーるでは、そんな不登校でお悩みのお子さんに、まず勉強のやり方から教えて学校で習う内容を、家でできるだけ学習が出来るようにお手伝いします。


ただ教えて終わるという従来の家庭教師ではなく、家庭教師がいない日の家庭学習の習慣づけも一緒にやっていきますので、沢山のご家庭から喜んでいただいています。


その2


不登校の子を受け入れてくれる。不登校の子に対応している高校や通信制の高校へ進学したい。ただ、高校に入学できたとしても、その先の勉強についていけないと高校は卒業できない。高校に入ってからもうまくいくように、今のうちに学力の基礎だけでもつかんでおきたい。


不登校の子を受け入れてくれる高校へ入ること自体は、そこまで難しくないようです。


しかも、このような高校では高1の授業でいきなり高校の勉強を教えるのではなく、中学校の復習をメインにやってくれるので、不登校の子にも安心です。


とはいえ現実は…、不登校の子は中学校の内容があやふやな子が多いため、その授業にすらついていけず、卒業するまでに挫折してしまう子も少なくありません。


このような心配のある方には、家庭教師が中学の内容の重要なポイントを教えて、高校に入るまでに基礎を固めるお手伝いをします。



その3


不登校でほ、とんど勉強していないので、いきなり勉強させると拒絶するかも。

最初は一緒にゲームをしたり、指導時間の中に楽しみの時間を挟んで、少しづつ慣らしてほしい。


勉強の遅れを取り戻そうと周りの子と同じようにいきなり勉強させると嫌になるのではないか?


子どもが嫌がって二度と勉強しないと言われたら困る。


このような心配をされているお母さんもいらっしゃいます。


ご家庭から要望がある場合に限り「指導時間の最後10分はゲームタイム!」というようにご褒美の時間をつくって子どものモチベーションを上げていくという方法もあります。


このようにご家庭からの要望に合わせたり柔軟に対応できるのは家庭教師ならではの強みではないでしょうか。



その4


毎日家でひきこもり状態なので、人との接触がほとんどありません。家族以外の人とコミュニケーションをとったり、外部からの刺激を与えてやりたい。

勉強以外の相談にも乗ってくれて、お兄さんお姉さん的存在になってくれるような先生だったら、うちの子にとってすごくプラスになると思う。


学校に行けば先生やクラスメイト、部活動の先輩後輩など沢山の人とふれあいます。


子供達はそうやって、知らず知らずにコミュニケーション力を高めたり、我慢することも学んでいきます。


人とのふれあいによって、程よい緊張感を持つことは、子供の成長にとって必要なことなんです。


不登校の子は、甘えが許される家族との接触だけになるため、そういった学べる機会やふれあう場が極端に少なくなってしまいます。


えーるの家庭教師は、ほとんどが大学生なので年齢が近く、親には言えない悩みや勉強以外の相談もできる心強い存在として、不登校のご家庭からとても重宝されています。


少し目上の先輩から色々なことを教えてもらうことは、お子さんの学びとなり成長にもつながるはずです。




もし、お子さんが不登校で「どうすればいいのかわからない」という不安をお持ちの方は、小さなことでもかまいませんので、一度えーるにご相談ください。


もちろん相談だけになっても構いません。私たちがその不安を解消してみせます!!


今なら「不登校のお子さんの自信をとりもどす」無料の体験授業をおこなっています。


※体験授業を受けてみて少しでも「思っていたのと違った…」そう思われた方は遠慮なくお断りください。お子さんがやる気になり、勉強のやり方もピッタリだと思われたときだけ私たちはお力になりたいと思っています。無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。体験授業でお会いできるのを楽しみにしています。


不登校のページに戻る▶▶

お申し込みはカンタン
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師を紹介できる理由
指導料
無料体験授業実施中
お問い合わせはこちら
家庭教師のえーる 資料請求はこちら