プログラミング教育が必修化されます

新学習指導要領では、小学校は2020年から、中学校は2021年から、高等学校は2022年からプログラミング教育が必修化されることになりました。


文部科学省より学校教育でのプログラミング必修化が発表されてから、子どもや保護者はもちろん、学校の先生からも戸惑いや不安の声があがっているようです。


今回、えーるにいただいたご家庭からの質問の一部をいくつか紹介したいと思います。



①プログラミングって何を習うの? 


小学校・・・コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けさせます。 

中学校・・・ 「プログラミングによる計測・制御」に加え、「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題解決」について学びます。

高等学校・・・「情報Ⅰ」を新設して、 全ての生徒がプログラミングのほか、ネットワーク(情報セキュリティを 含む)やデータベースの基礎等について学びます。



②プログラミングを導入する目的は?


文部科学省によると、今回のプログラミング教育の必修化によってプログラマーを育成することが目的ではないということです。よってプログラミングの専門用語を覚える必要もありません。

今後ますますAI化がすすんでいく社会や仕事に適応していける子ども達を育成するため、プログラミング的思考を身に付けさせることが一番の狙いということです。


プログラミング的思考とは?・・・ものごとを実現させるために何が必要でどうすればいいのかという理論立てや順序を立てて考え、試行錯誤しながら問題解決していくこと。


③「プログラミング」という科目が新たに増えるのですか?


いいえ。

「数学(算数)」や「国語」の科目のように「プログラミング」という科目ができるということではないようです。あくまでも今習っている科目の一部にプログラミングが入って学習するということになります。小学校の場合は算数や理科などの既存の科目に、中学校では技術・家庭科の技術分野の一部でプログラミングを習います。

高校では2022年より現在の「情報(社会と情報)(情報の科学)」が「情報Ⅰ(必修)」と「情報Ⅱ(選択)」になりいずれにしても全員がプログラミングを習うように再編されることになります。



④大学入試はどうなりますか?


これからは第4次産業革命(AI・IoTなど)の時代に突入ます。経済産業省によると将来的に国内のIT人材が大幅に不足すると予測しています。それをうけ内閣府の未来投資会議では、IT人材を早急に育成するため、大学入学共通テストにプログラミングを含む「情報」科目を加えるということを決定しました。小・中・高からプログラミング教育を必修化することで、世界で活躍できるIT人材を育成していくことが目的のようです。時代の変化とともに教育のあり方も少しずつ変わろうとしています。

(参照)「未来投資戦略2017」Society5.0

「未来投資戦略2018」Society5.0

お申し込みはカンタン
家庭教師 無料体験実施中
安くて質の良い家庭教師を紹介できる理由
指導料
無料体験授業実施中
お問い合わせはこちら
家庭教師のえーる 資料請求はこちら